投資をはじめるきっかけをくれた本『はじめての人のための3000円投資生活』著者 横山 光昭

はじめての人のための3000円投資生活 書籍

「何となく怖い」

投資に対する率直なイメージでした。

本書に出会うまでは、投資が何となく怖かったので興味があっても、実際に投資をすることはありませんでした。

しかし、本書に出会ったことで、投資に対する「何となく怖い」が払拭され、投資をはじめることができました。

本記事では、私に投資をはじめるきっかけをくれた『はじめての人のための3000円投資生活』を紹介します。

スポンサーリンク

投資は「何となく怖い」

「何となく怖い」

投資をするのであれば、常に株価をチェックし、社会情勢にアンテナを張り巡らし、経済の動向を分析し…

凄まじい労力をかけても、想定外の出来事でご破算。

これが、私が投資に対するイメージでした。「何となく怖い」ですよね。

周りにFXを始めて失敗した人が何人もいたので、投資に対してこんなイメージを抱いていたのかも知れません。

しかし、お金の問題は老後2000万円問題を筆頭に、家のローン、子どもの教育費、親の介護など考えだしたらキリがありません。

貯金だけで何もしないのも「何となく怖い」のも事実でした。

漠然とした恐怖感を持ちつつ、本屋をウロウロしていると、『はじめての人のための3000円投資生活』と言ったタイトルに目が止まりました。

『はじめての人のための3000円投資生活』との出会い

正直なところ、最初は胡散臭い本だなと感じました。

帯に書かれていた売り文句。

シリーズ累計65万部突破!!

1千万円以上、貯まった人、続出!

引用元:はじめての人のための3000円投資生活 著者:横山 光昭

いかにも「この本は売れてますよ」、「投資はお金が貯まりますよ」みたいな売り文句。

個人的にこう言った表現は嫌いです。

しかし胡散臭さは、あくまでも帯の問題。帯を外すとあら不思議。胡散臭さが和らぐのです。

見た目って重要ですね。

中をさらっと立ち読みしたとき、以下の一文に目が留まりました。

私が目指すのは、「お金とうまくつきあい、自分をコントロールできるようになっていただく」こと。

引用元:はじめての人のための3000円投資生活 著者:横山 光昭

帯に書いていたような、いかにも投資のハウツー本みたいな売り文句とは違う、どこか温かみのある一文にとても惹かれました。

この本であれば、投資に対する「何となく怖い」を払拭してくれるのではないか感じました。

「何となく怖い」の正体は

「何となく怖い」は、ただ単純に投資のことを知らなかっただけでした。

FXなどの短期間で利益を得ることができる投資を見て、勝手な恐怖感を抱いていたようでした。

投資について、著者は本書で以下のように語っています。

短期間で利益を得ようとするのは、「投資」というより「投機」に近い

投資というのは本来、もっと気長に取り組むべきものであり、気軽にできるもの

引用元:はじめての人のための3000円投資生活 著者:横山 光昭

私の恐怖感は、投資に対してではなく投機に近いものに対して、感じていたに過ぎませんでした。

この本のタイトルにもある『3000円投資生活』の概要は以下のように語っています。

証券口座を開き、月々3000円で投資をスタートし、バランス型の投資信託を買う

引用元:はじめての人のための3000円投資生活 著者:横山 光昭

短期間で利益を得ることを目指さず、長期的に見てお金を育てるといったイメージです。

貯蓄に近いので、あまり難しく考える必要はないと感じました。

難しくもなく、何も怖くないのであれば、やることはただひとつ、『3000円投資生活』を始めるしかありません。

もちろん本書は、『3000円投資生活』のノウハウをわかりやすく説明しています。

本書を読み進めれば、投資をはじめることに苦労はしません。

また、『3000円投資生活』のノウハウだけでなく、学資保険や国債などの金融商品の説明や、お金をきちんと管理することの大切さを、お金に関することに疎い人でもわかりやすいように紹介しています。

投資に対する「何となく怖い」を払拭するだけでなく、残念な金融商品を掴まされないための予備知識を習得することができます。

まとめ

本書のノウハウに従い、月1万円の積立で投資信託を続けています。

長期的な資産形成が目的なので、あまり残高を確認することはありませんが、本記事を書くにあたり残高を確認したところ、なかなか順調に増えております。

単純な比較は難しいですが、他の積立の金融商品より、良い利回りだと思います。

「何となく怖い」で投資を躊躇されている方は、一度本書を読んでみることをおすすめします。

以上

書籍
スポンサーリンク
HAPON's Blog