POREX MINI COFFEE GRINDERの挽き具合調整

モノを語る

POREX(ポーレックス) MINI COFFEE GRINDERの挽き具合調整をご紹介します。

ミルのねじを中心(ねじ2山 1.5mm)・最大締め(ねじ3山 3mm)・最小締め(ねじ0山 0mm)の3パターンに調整し、豆を挽いた結果をまとめています。
挽き具合を調整する際のご参考にしていただけると幸いです。

※コーヒーミルの使用感は、POREX MINI COFFEE GRINDERの雑感という記事にまとめています。

条件

コーヒー豆の計量

使用した豆は、カルディコーヒーファームのマイルドカルディです。
使用量は5g、回転速度はおおよそ1回転/秒です。

ねじの調整は、以下の3パターンです。

  • 中心(ねじ2山 1.5mm)
  • 最大締め(ねじ3山 3mm)
  • 最小締め(ねじ0山 0mm)
コーヒーミルの調整位置(ねじ2山)
中心(ねじ2山 1.5mm)
コーヒーミルの調整位置(ねじ3山)
最大締め(ねじ3山 3mm)
コーヒーミルの調整位置(ねじ0山)
最小締め(ねじ0山 0mm)

結果

結果を下の表にまとめています。
ペーパードリップであれば、中心を基準に±0.5山程度の調整が良いと思います。
詳細は各項目をご覧ください。

調整加減粒度時間用途
中心(ねじ2山 1.5mm)中粗挽き30秒ペーパードリップ
最大締め(ねじ3山 3mm)細挽き60秒ウォータードリップ
最小締め(ねじ0山 0mm)極々粗挽き10秒なし

中心(ねじ2山 1.5mm)

コーヒー豆の中粗挽き

仕上がりは中粗挽きで、おおよそ30秒で挽き終わりです。
ペーパードリップにおススメされている挽き具合です。
ただし一般的な中粗挽きより少し粗目かも知れません。

最大締め(ねじ3山 3mm)

コーヒー豆の細挽き

仕上がりは細挽きで、おおよそ60秒で挽き終わりです。
ウォータードリップや水出しコーヒーにおススメされている粒度です。
エスプレッソ用として使うには少し粗いです。

挽く時間が5gで60秒かかるため、この調整具合は正直なところおススメしません。

最小締め(ねじ0山 0mm)

コーヒー豆の極々粗挽き

仕上がりは極々粗挽きで、おおよそ10秒で挽き終わりです。
だめです。これではコーヒーを抽出できません。(パーコレータであれば、使えるかも知れませんが…)

最後に

ミルの回転速度、コーヒー豆の種類(焙煎度合い・油分など)によっても、粒度に変化があると思います。
機会があれば、他の条件に関しても比較してみたいです。

以上、POREX(ポーレックス) MINI COFFEE GRINDERの挽き具合調整でした。