adidas OPSバックパック/リュック26Lの雑感

モノを語る

『収納の鬼』

adidas(アディダス)のOPSバックパック/リュック26Lを語ります。

2017年12月4日から使用しています。

購入した経緯は、趣味のマラソン大会に参加するとき、ランニングシューズをシューズケースに入れて持ち歩いていましたが、大会終了後、会場や帰りに立ち寄ったお店に「シューズケースを忘れる」という大失態を演じていました。(特にお酒が入るとダメですね…)

原因は、「疲れていて確認を怠った」からでした。

解決策として、疲れていても忘れ物をしないよう「手荷物をひとつ」にすることを考え、シューズ用の収納ポケットがある、 adidas(アディダス)のOPSバックパック/リュック26Lを購入しました。

解決策の結果として、「シューズケースを忘れる」ことはなくなり、「安心・気楽」に帰路につくことができるようになりました。
また、

  • 収納力が高い
  • クッション性能がよい
  • 丈夫

といった付加価値もあり、主にマラソン大会の会場移動用バッグとして使用していますが、バーベキューや山登りなどの、荷物が多くなるアウトドアでも重宝しています。

まさに収納の鬼と云わんばかりの収納力です。

「手荷物をひとつ」にして、「安心・気楽」にマラソン大会へ参加したい方におすすめできるバックパックです。

では、詳細に移ります。

スポンサーリンク

外観

バックパックの前面
型番MKS55
サイズ縦 52cm 横 29cm 奥行き 16cm 容量 26L
重量960g
素材ポリエステル

詳細は、adidasオンラインショップをご覧ください。

収納は、合計で11ポケットあります。

  • メインポケット×1
  • 小物ポケット×1
  • トップポケット×1
  • フロントポケット×1
  • サイドポケット(ジッパーなし )×2
  • サイドポケット(ジッパー付)×2
  • バックポケット×1
  • シューズポケット×1
  • アディショナルポケット×1

現在リニューアルされているため、本記事で紹介している内容と外観、素材などが変更されています。

バックパックの背面

背面にパッドが入っているため、背中の蒸れが軽減されます。

ベルトにチェストストラップがあるため、荷物が多くても肩ずれを防止できます。

バックパックのメインポケット

メインポケットの口は、ウェアやシューズがすっぽり入るほどの大口径で、荷物を出し入れしやすいです。

メインポケット内の小物ポケットは、なくなりやすい小物を入れておくのに便利です。

バックパックのトップポケット

トップポケットは内側が起毛になっており、眼鏡やスマートフォンなどのガラス面を傷つけないように、配慮されています。

バックパックのフロントポケット

フロントポケットは、財布や鍵などの使う頻度が多いモノを入れておくと、さっと取り出せて便利です。

バックパックのサイドポケット

サイドポケットは、ジッパーなしとジッパー付が両サイドにあります。
水筒、ペットボトル、フラスクボトルなどの飲み物や、折りたたみ傘を入れることができます。

バックパックのバックポケット

背面パッドの裏にあるバックポケットは、ノートPCや完走証などの紙類を入れることができます。

バックパックのシューズポケット

下部のシューズポケットは、シューズはもちろんのこと、サッカーボールを収納できるほどの大容量です。

バックパックのアディショナルポケット

下部にアディショナルポケットが搭載されています。
シューズを2足持ち歩くときや荷物が増えたときに、収納を拡大することができます。
アディショナルポケットは、下部のベルトで固定して使います。

バックパックの持ち手

上部の持ち手は、ゴム製でしっかりしており、にぎりやすいです。

ベルトにロードスプリングと呼ばれるadidas独自の技術が採用されており、肩の負担が軽減されています。(されているような気がします…)

使用感

主な用途は、

  • マラソン大会の会場移動
  • バーベキューの荷物運搬
  • 山登り

で使用しています。

上の写真は、マラソン大会に参加するときの主な荷物です。

タオルはマラソン大会参加or完走で貰えることが多いので、持って行っていません。

バックパックに収納した状態

すべての荷物をひとつにまとめることができます。

おすすめなところ

収納力が高い

メインポケットはウェア一式を入れても余裕があります。

11ポケットもあるため、小分けにして荷物を入れることが可能です。
また、各々のポケットは大きく開き、荷物を出し入れしやすいです。

クッション性能がよい

背面、ベルトのクッション性能がよいので、マラソンのあとでも楽に背負えます。

丈夫

バーベキューや山登りなどのアウトドアで使っても、気になるような劣化はありません。

気になるところ

自立しない

下部にシューズケースがあるため、自立しません。
自立すれば床に降ろしやすいため、もっと使い勝手が良くなると思います。

最後に

マラソンの帰りに嫌なことがあると、マラソンをどれだけ楽しめたとしても、台無しになってしまいます。
旅行と同じで、家に帰るまでがマラソンです。

「安心・気軽」に帰路へつけるようにしてくれた、とても便利なバックパックです。

以上、『収納の鬼』adidas OPSバックパック/リュック26Lの雑感でした。

リンク