記念硬貨とAシート

コトを語る

記念硬貨は自販機で使えなかったり、レジで確認されたりして使いどころが難しいです。

使いどころに悩みながら、「使わない」ままでした。

そんな中、JR西日本が2019年3月16日(土)から「Aシート」という有料座席の新サービスを開始しました。

普段であれば絶対に「使わない」サービスですが、使いどころの難しい記念硬貨を使えるチャンスと思い、Aシートを利用してきましたので、感想を語ります。

記念硬貨の使いどころに悩まれている方は、「Aシート」をご利用してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

「使わない」ままの記念硬貨

500円の記念硬貨

私が持っていた記念硬貨は、内閣制度百年を記念して昭和60年に発行された500円でした。

10年ほど前に通常の500円と引き換えで、上司と交換して入手しました。(上司は自販機でたばこを買いたかった…)

交換したときは得した気分でしたが、持っていても使いづらく、「使わない」まま10年以上が経過していました。

「使わない」つもりだった、有料座席サービス 新快速「Aシート」

JR西日本が2019年3月16日(土)から、JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線(網干・姫路~野洲間)で有料座席サービス 新快速「Aシート」を開始しました。

有料座席の概要

12両編成の新快速の1両(9号車)に快適性を高めた有料座席を設けます。

・リクライニング機能、テーブルつき座席の設置

・内装の工夫による、落ち着きのある空間の提供

・全席にコンセントを設置(当社在来線普通車初)

・無料Wi-Fiサービスを提供

・荷物スペースを設置

JR西日本 JRおでかけネット 有料座席サービス 新快速「Aシート」より

サービス内容は充実しているのですが、乗車区間にかかわらず一律500円かかります。

網干・姫路~野洲間でも500円、芦屋~三宮の一区間でも500円です。

そうでなくとも混雑する新快速に、一車両を有料座席にしてしまって、「利用者の利便性があがるのか」、「500円を払ってまで利用者がいるのか」と、思っていました。

少なくとも、私は500円を払ってまで「使わない」つもりでした。

「使わないモノ」+「使わないサービス」=「新しい価値・経験」

「使わないモノ」は持っていても意味がないと考えています。

「使わないサービス」は想像するだけで、経験することはありません。

記念硬貨を使わないのであれば、使わないAシートで使うことで、「新しい価値・経験」を見出せると思いAシートを利用してみました。

記念硬貨でAシートを経験

Aシートの乗車整理券

目的の「記念硬貨でAシートを経験は達成」し、Aシートの座り心地も上々でしたが、いろいろと予定通りにいきませんでした…

予定では大阪 20:30発、三ノ宮 20:52着でAシートを利用するつもりが、予想に反して大阪駅の時点で満席でした。

結局、席に座れたのは芦屋からでした…(5分くらいは座れたかな)

しかも、乗務員の方が集金に来てくれず、三ノ宮で降りる直前にお声がけをして、支払いをしました。(どうやらトイレでトラブルがあり、対応していた模様)

あやうく目的を達成できないところか、キセル乗車?をしてしまうところでした。

最後に

記念硬貨の使い道として、Aシートは悪くないかなと思います。(特に長距離であれば)

「使わないモノ」「使わないサービス」を合わせれば、「新しい価値・経験」を得ることができると実感しました。

以上、記念硬貨とAシートでした。

あとがき

座席に座れば有料ですが、車両に乗車するのは無料です。
車内は、他の車両と比べて空いているので、立ちっぱなしでも快適でした。
近距離であれば、座らずに立ちっぱなしで利用するのもありかと思います。

Aシートの机(一番前の席)
Aシートの机(一番前の席)
Aシートの足元(一番前の席)
Aシートの足元(一番前の席)
Aシートのコンセント
Aシートのコンセント
Aシートの座席
Aシートの座席