ゴロゴロ音がしない静かなスーツケース エンドー鞄 FREQUENTER WAVE

モノを語る

『静かな旅』

2015年2月21日に購入した、エンドー鞄 FREQUENTER WAVE(フレクエンター ウェーブ) スーツケースを語ります。

このスーツケースは、タイヤのゴロゴロ音が気になる人におすすめできます。

なぜなら静穏性に優れたタイヤなので、周りが静かなところで転がしてもゴロゴロ音があまり気になりません。

また、4年以上使ってもタイヤから異音がすることもなく、静かに使えています。

たとえば、出張や旅行で朝早くに出発するときに、ゴロゴロ音がうるさいスーツケースでは、周りのことを気にしてしまい、転がすことを躊躇してします。
しかし、このスーツケースは転がしても静かなので、あまり周りのことを気にする必要がありません。

おすすめなところをまとめます。

  • 静穏性に優れている
  • タイヤが丈夫

残念ながら気になるところもあります。

  • 傷が目立つ

では、詳細に移ります。

スポンサーリンク

外観

スーツケースの全体像
型番1-622
サイズ(cm)54×37×23(縦×横×奥行き)
重量(kg)約2.7
容量(l)34
素材ポリカーボネート

詳細は、endo Luggage Storeをご覧ください。

カラーはブラックを使用しています。

現行モデルはLCC機内持ち込みサイズに合わせ、54×36×23に変更されています。そのため、サイドハンドルとTSAロックの部材が変更されています。

スーツケースのロック部分

鍵はTSAロックを採用しているので、アメリカ合衆国内の旅行でも安心して荷物を預けることができます。

サイドハンドルは弾力があり、握りやすいです。

現行モデルは、TSAロックとサイドハンドルの部材が変更されています。

スーツケースの側面

スーツケースの側面に足が付いているので、横置きができます。

スーツケースの上面

スーツケース上面のハンドルは、側面と同様に弾力があり、握りやすいです。

スーツケースのスライドバー

スライドバーは4段階の高さに調整できます。

左側の収納スペースは、メッシュ構造の間仕切りです。

右側の収納スペースは、あふれた荷物を抑えることのできる、Xバンドが付いています。

また、マジックテープで着脱可能なポケットが付いています。

使用感

2泊以上の旅行や出張で使用しています。

これ以上大きいスーツケースは持っていませんので、どれだけ長い宿泊でも、このスーツケースで乗り切っています。

3か月の出張やハワイへの新婚旅行も、このスーツケースで大丈夫でした。

出張の場合は、このスーツケースに合わせてビジネスバッグも併用しています。

私が使用しているビジネスバッグは、下記の記事で語っています。

ace. GENE LABEL フレックスライト フィット ビジネスバッグの雑感
『軽快なビジネス』2016年9月に購入した、ace. GENE LABEL(エース ジーンレーベル) フレックスライト フィット ビジネスバッグを語ります。荷物が多く、「肩こりと腕の疲れ」に悩まされているビジネスマンにおすすめのビジネスバッグです。

おすすめなところ

静穏性に優れている

静穏性に優れたタイヤなので、早朝などの周りが静かなところで転がしても、あまりゴロゴロ音が気になりません。

タイヤが丈夫

スーツケースのタイヤ

4年以上使ってもタイヤが壊れていません。

異音もなく、静穏性をキープしています。

また、壊れたとしても別売りのタイヤ交換キットで、タイヤ交換ができます。


気になるところ

傷が目立つ

スーツケースの傷

艶があるので、すり傷がつくと目立ちます。

最後に

スーツの着こなしは足元が重要であるように、スーツケース選びも足元(タイヤ)が重要です。

以上、エンドー鞄 FREQUENTER WAVE スーツケースの雑感でした。