長袖インナーを手放せない人におすすめ 一枚でも、インナーとしても優秀 無印良品 綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ

服装

こんにちは。モノを減らしたいHAPON(ハポン)です。

モノが少ない方たち(いわゆるミニマリスト)の中には、長袖インナーを捨てて冬でも半袖で過ごす方が多いようです。

しかし、私には真似できません。

半袖は寒いです。(当たり前ですが…)

私のようにモノは減らしたいけど、長袖インナーは必要といった方におすすめできるのが、無印良品の『綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ』です。

この長袖Tシャツのポイントは、ぴっちりし過ぎてないので、春や秋は1枚で着ても様になり、冬はそのままインナーとして活用できるところです。

春秋の装いと冬のインナーを兼用できるので、モノを減らすことにもつながります。

本記事では、モノを減らしたいけど長袖インナーは手放せない人におすすめする、一枚で着ても、インナーとして着ても優秀な、無印良品の『綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ』を紹介します。

スポンサーリンク

仕様と外観

『綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ』の仕様と外観です。

仕様

  • 素材 綿90%、ウール10%
  • カラー オフ白、チャコールグレー、黒

リンク先:無印良品ネットストア

外観

私が使っている黒(Sサイズ)の外観です。

約1年間使用しています。

綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツの外観

首元は細めです。

綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツの首元

私の使い方

私は「綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ」を、3つの用途で使っています。

  • 春秋の装い
  • 冬のインナー
  • 寒い時期の寝間着

春秋の一枚着

綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツの着用姿

春秋は一枚で着用しています。

適度なゆとりがあるので、一枚で着用しても様になります。(好みはありますが…)

一枚で心許ないときは、ジャケットを上に羽織っています。

綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツとジャケット

冬のインナー

綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツとニット

冬は一枚だと寒いので、インナーとして使用しています。

薄手のニットの下に着ても、着ぶくれしません。

また、メインの素材が綿なのでウールのニットなどを重ね着しても、静電気が起きにくいです。

寒い時期の寝間着

夜の冷え込みが強くなってくると、寝間着として使用しています。

保温性があるだけでなく、汗をかいてもべたつかないです。

寝間着が普段着と同じなので、災害が発生して屋外に避難することになっても、格好を気にせず避難できます。

おすすめできるポイント

私が「綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ」を使っている中で、おすすめできるポイントは3つあります。

  • 絶妙なサイズ感
  • 汗をかいても蒸れない
  • あたたかい

絶妙なサイズ感

ぴっちりしすぎず、ゆとりがありすぎるわけではない、絶妙なサイズ感です。

一枚で着ても、インナーにしても、活躍します。

汗をかいても蒸れない

汗をかいても、しっかり吸収してくれるので蒸れません。

汗をかきやすいシチュエーション(日中に気温が上がったときや睡眠時)であっても、快適に過ごせます。

あたたかい

素材に保温性が高いウールを使用しているので、寒いときでもあたたかいです。

一枚では寒さに耐えれないときでも、インナーとして活用できるので、寒い時期は一年を通して使用できます。

まとめ

「綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ」は、春秋冬をカバーできる優秀な長袖Tシャツです。

元々は、春秋の長袖Tシャツと冬の長袖インナーを別で揃えていましたが、「綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ」に統一することで、モノを減らすことができました。

快適に過ごせて、モノを減らして管理の手間を減らすことができた、優秀な長袖Tシャツです。

以上、「一枚でも、インナーとしても優秀 無印良品 綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ」でした。

服装
スポンサーリンク
HAPON's Blog