置き場所に困らないドリッパー MUNIEQ Tetra Drip 01S

MUNIEQ Tetra Drip 01S アウトドア用品

ドリッパーの置き場所に困っていませんか?

キッチンは物が多くなりがちなので、できる限りコンパクトな物を揃えたいです。

MUNIEQ Tetra Drip 01Sは、ポケットサイズなので置き場所に全く困りません。

本記事は、置き場所に困らないドリッパー MUNIEQ Tetra Drip 01Sを紹介します。

スポンサーリンク

置き場所に困らない理由

置き場所に困らない理由はコンパクトなサイズの一言につきます。

コンパクトなサイズ

MUNIEQ Tetra Drip 01Sを分解した状態

ドリッパーの形状は、長辺の長さ106mm、厚さ0.9mmのステンレス板3枚です。ポケットに入ってしまいます。もはやペーパーフィルターと一緒にしまっておけるサイズです。

しかし、コンパクトにまとまっている弊害か、初見では組み立てに苦労します。ペーパーフィルターのセット方法も悩んでしまうところです。

せっかく置き場所に困らなくなっても、コーヒーを淹れることができなかったら元も子もありません。次項で組み立て方とペーパーフィルターのセット方法を紹介しますので、参考にしてください。

組み立て方とペーパーフィルターのセット方法

組み立て方とペーパーフィルターのセット方法を紹介します。

組み立て方

1.下の写真の赤線で示しているところを互いに合わせます。

MUNIEQ Tetra Drip 01Sの組み立て方を説明 その1

2.少し曲げながら差し込みます

MUNIEQ Tetra Drip 01Sの組み立て方を説明 その2

3.1、2を繰り返して、3枚を組み合わせれば完成

MUNIEQ Tetra Drip 01S

初見は難しいですが、慣れれば30秒もかからずに組み立てることができます。

フィルターのセット方法

フィルターは円すい形ドリッパー用が使用可能です。円すい形ドリッパーと同じようにセットして、湯通しすればドリッパーへきれいに密着します。

しかし、ドリッパーに合わせてフィルターをセットした方が気分的にすっきりします。

以降で紹介するのはドリッパーに合わせてフィルターをセットする方法です。HARIO V60透過ドリッパー01用のフィルターを使用します。

1.フィルタの出っ張り部分が左側にくるように置きます。

HARIO V60透過ドリッパー01用のペーパーフィルター

2.赤点線を谷折り、赤実線を重なりの上側だけをつかみ、山折りにします。

3.左側の赤実線と右側の赤実線を重ねます。

4.赤矢印で示すところに折り跡をつけます。

5.フィルターを開いてドリッパーにセットします。

きっちりセットできると気持ちがいいです。ただし、味に違いはありません。

気になるポイント

使用して気になるポイントが2点あります。

  • 端がするどい
  • 水垢が目立つ

購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

端がするどい

薄いステンレス板を使っているため、端がするどいです。手を切るほどではありません。

水垢が目立つ

洗ったあと、水気を切り忘れると水垢が目立ちます。洗ったあとはよく拭きましょう。

仕様

MUNIEQ Tetra Drip 01Sの主な仕様です。詳細は公式サイトをご覧ください。

  • サイズ 106×70mm
  • 厚み  0.9mm
  • 重量  25g
  • 材質  ステンレス
  • 容量  1-2杯(20gほど)

まとめ

MUNIEQ Tetra Drip 01Sが置き場所に困らない理由、組み立て方、フィルターのセット方法、気になるポイントを紹介しました。

キッチンの省スペース化を考えている方におすすめのドリッパーです。

省スペースでスマートにコーヒーライフを楽しみましょう。

Amazon | MUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip 01S 09210001000001 | MUNIEQ(ミュニーク) | コーヒー・ティーポット・ケトル
MUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip 01S 09210001000001がコーヒー・ティーポット・ケトルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

楽天市場