実経験を踏まえた喫茶店の開業準備

名刺と眼鏡 喫茶店開業

「喫茶店を開業したい」

でも何を準備すればよいかわからないと悩んでいませんか?

私も実際そうでした。

私は2020年3月に喫茶店を開業しました。その経験から喫茶店の開業準備には、以下の6つが最低限必要と実感しています。

  • 開業場所を決める
  • 資金計画を立てる
  • 帳簿を付ける
  • お店用の口座を作る
  • 食品衛生責任者になるための資格取得
  • 営業許可の取得

この6つを押さえておけば、開業準備で大きく躓くことはありません。これは私自身が準備していなかったため、失敗したと感じている内容でもあります。

これから喫茶店の開業を考えている人は、本記事を参考にして躓くことなく準備を進めていただければ幸いです。

スポンサーリンク

開業場所を決める

喫茶店を開業すると決めれば、まずはどこで開業するかを決めましょう。

明確に場所が決まっている方は問題ありません。しかし、喫茶店を開業したいけれど、場所は漠然としている方もおられると思います。その様な場合は、自分にゆかりのある場所や思い入れのある場所にすることをおすすめします。

なぜかと言うと、そこで開業する理由にストーリーを作ることができるからです。

必ずと言っていいほど、「なぜここでお店を開いたのか」と聞かれます。そのときの答えが「家賃が安いから」「人通りが多いから」だけより、「生まれ育った街だから」「この場所の雰囲気が好きだから」と答えれた方が聞こえ良いです。

さらにそこにストーリーがあれば、お客さんの心に響くことがあるかも知れません。

私の場合はこんな感じです。

「高校を卒業後、地元を離れて企業で働いていましたが、30歳を過ぎたあたりからこのまま企業の歯車として働き続けることに疑問を感じていました。そんなとき、地元で喫茶店の創業支援を行っていることを知り、昔からの夢であった喫茶店を開業するチャンスと思い応募した結果、地元で喫茶店を開業することができました。生まれ育った街で喫茶店を営めることに誇りを感じています。」

理由や背景、あらすじや経緯を好む方は多いです。開業場所を決めるときは、人に話しても差し支えのない理由も考えておきましょう。ただし絶対に嘘はつかないように。

資金計画を立てる

ざっくりで良いので資金計画を立てましょう。

なぜざっくりで良いかというと、計画通りに進むことはまず有り得ないからです。どれだけ頑張ったところで、周りの環境変化や社会情勢などいろいろな影響を受けてしまいます。(私の場合、店舗オープンのタイミングで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生しました。)

資金計画で重要なことは、やりたいことにかかるお金の大枠を掴むことです。細かいお金まで洗い出す必要はありません。

資金計画の立て方に悩んでいる人は、以下の内容を参考にして計画してみてはいかがでしょうか。

必要な資金

設備資金:店舗設営、調理器具、備品など
運転資金:開業時に必要な経費、当面の支払いのための資金(固定費3ヶ月分)

資金の調達方法

自己資金:貯蓄など
親族からの借入:親、兄弟からの借入額と返済方法
金融機関からの借入:金融機関からの借入額と返済方法

私の場合は、以下のように計画しました。

必要な資金

設備資金:20万円
運転資金:20万円

資金の調達方法

自己資金:40万円
親族からの借入:0円
金融機関からの借入:0円

設備資金が安い理由は、設備工事(内装など)をしていないためです。(市の創業支援プログラムを受けて、施設内にあるカフェブースで開業しています。)

帳簿を付ける

帳簿は青色申告のために付けるものではありません。

お金の流れを把握し、お店を健全に運営するために付けるものです。

偉そうに書いていますが、私は開業準備をしているときに帳簿を付けていなかったため、痛い思いをしています。

私は開業届を出してから、振り返りながら帳簿を付け始めたのですが、資金計画の倍近く、準備でお金をかけていたことが判明しました。

何となく計画以上にお金がかかっていると思っていましたが、倍近くまでかかっているとは思っていませんでした。

このまま帳簿を付けず、売上だけ気にしていたらあっという間に破産です。

このように帳簿を付けていなければ、お金の流れが不透明になりお店を健全に運営することができません。

帳簿は準備のときから付けておき、お金の流れをきっちりと管理しましょう。

帳簿ってどうやって付けたら良いかわからない方には、以下の本をおすすめします。

簿記がわかってしまう魔法の書 | 小沢 浩 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小沢 浩の簿記がわかってしまう魔法の書。アマゾンならポイント還元本が多数。小沢 浩作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また簿記がわかってしまう魔法の書もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

そもそも帳簿を付けることが後回しになった理由は、帳簿を付ける意味と付け方がわからなかったためです。

簿記がわかってしまう魔法の書は、簿記(=帳簿を付けること)について基本中の基本から丁寧に分かりやすく教えてくれます。

会計ソフトに任せてしまうのもひとつですが、簿記の基本を知っておくと、お店の儲けを適切に認識できるので商売がうまくいくのではないでしょうか。

お店用の口座を作る

銀行口座はお金の流れを把握するために重要です。お店に対して資金をいくら投入して、いくら使ったのか一目でわかります。当たり前のことですが、お金の流れがわかりやすいことはとても重要です。

私は開業してから2ヶ月後に口座を開設しましたが、準備前に作っておけばよかったと後悔しています。

私が準備で資金計画を倍近くオーバーしてしまった原因のひとつは、個人口座で買い物をしていたことです。

開業に合わせて、住居の引越しなども行っていたので、私用の出費がかさんでいました。そこにお店の買い物も混ざっていたため、私用の出費に紛れてお店にかかっているお金を適切に把握できていませんでした。

準備の前に口座を開設し、計画した資金でお店の買い物をすることが適切なお店の運営に大切です。

私はジャパンネット銀行で口座を開設しました。理由はPayPayをお店に導入していたので、PayPay売上金の振込手数料がかからないことに魅力を感じたからです。

食品衛生責任者になるための資格取得

飲食店を営むためには食品衛生責任者を設置する必要があります。以下の引用文は私が開業している八尾市の規定です。

営業者の方は、施設ごとに食品衛生管理を行わせるため、専任の「食品衛生責任者」を設置する事が定められています。

食品衛生責任者になることができる資格は以下のとおりです。

1. 食品衛生管理者になる資格を有する者
2. 栄養士、調理師または製菓衛生師
3. 食鳥処理衛生管理者となる資格を有する者
4. 市長が実施し、または指定する講習(食品衛生責任者養成講習会)を修了した者
5. その他市長が認めた者

引用元:八尾市 食品衛生責任者 食品衛生責任者について

私は資格を有していなかったため、食品衛生責任者養成講習会を受講しました。講習会の概要については、以下の引用文をご覧ください。引用元は大阪食品衛生協会です。

講習科目
講習内容と、講習時間は以下の通りです
・公衆衛生学(1時間)
・衛生法規(2時間)
・食品衛生学(3時間)
※講習会は一日(10:00~17:00)で終了します

受講料
受講料:10,500円(税込) -当日受付でお支払いください-
※受講料は現金のみの取り扱いとなります。釣銭のないようにお願いいたします。

引用元:公共社団法人 大阪食品衛生協会 食品衛生責任者養成講習会

講習会の修了証は全国共通なので、どこの地域の講習会を受講しても問題ありません。私は勘違いして神戸に住んでいたのに、開業予定の大阪の講習会を受講しました。開業予定の地域で開催する講習会を受講する必要はありませんので、気を付けてください。(営業許可の申請は地域ごとに必要です。)

営業許可の取得

食品関係の営業を始めるには営業許可を取得する必要があります。営業許可を取るには各都道府県の条例に適合した設備であることを保健所に確認してもらわなければいけません。

条例は変更されることもあるので、お店の設備工事を始める前には、必ず開業場所を所管する保健所に相談をしてください。

八尾市保健所の申請手順は以下の通りです。

営業開始までの流れ

(1)事前相談
工事を始める前に、簡単な平面図を用意して保健所に相談ください。
(2)申請
必要書類及び申請手数料をそろえて保健所へお越しください。
(3)書類審査・立入検査
申請図面どおりに設備が配置されているか、基準を満たしているか審査します。
(4)許可
施設基準を満たしていることが確認できたら、営業許可証交付のお知らせをお渡しします。
(5)営業開始

申請に必要なもの

1. 食品営業許可申請書   1部
2. 施設図面(調理場及び営業所の平面図)、付近の見取り図   2部
3. 食品衛生責任者の資格を証明する書類
 (調理師免許、養成講習会の修了証等の原本)
4. 法人の場合は、登記事項証明書
 (発行後6ヶ月以内のもの。提示のみ。コピー可)
5. 申請手数料(現金)

引用元:八尾市 営業許可等の手続き 営業開始までの流れ 申請に必要なもの

申請手数料は、地域で若干の差があります。開業場所を所管する保健所のWEBサイトをご確認ください。参考までに八尾市の場合は以下の通りです。

  • 飲食店営業 16,000円(新規)、12,800円(更新)
  • 喫茶店営業 9,600円(新規)、7,680円(更新)

喫茶店なので喫茶店営業の許可でも問題ありません。しかし、調理できる範囲や提供できる食品などに縛りがあるので、飲食店営業で許可を取る方が自由がきいて良いです。

喫茶店営業で可能な内容は保健所に確認すると間違いがありません。

また、お菓子やアイスクリームを作って持ち帰り可能な形で販売する場合は、他の営業許可が必要になります。

条例に適合した設備であるかの判断、各種営業許可で対応できる範囲は地域差があるそうです。ネットや聞き伝えの情報だけで判断せずに、所管元の保健所に相談しましょう。

まとめ

実経験を踏まえた喫茶店の開業準備を、失敗談を交えながら紹介しました。本記事だけでは至らないところもありますが、少しでも喫茶店開業を目指す方の参考になれば幸いです。