クッカーは家でも役に立つ!!クッカーを使ったご飯の炊き方

クッカーでお米を測る アウトドア用品

私はクッカーを家で料理するときに活用しています。

ちょっとした一品を作るのに、クッカーのサイズが丁度良いです。

クッカーをアウトドアでしか使わないのは、もったいない気がします。

家で眠っているクッカーに活躍の場を与えてあげましょう。

本記事は、家でクッカーを使ったご飯の焚き方を紹介します。

スポンサーリンク

道具と材料

道具と材料を紹介します。

道具

  • クッカー 1式
  • コンロ 1台
  • はかり 1台(あれば)

クッカーはColemanのソロクッカーセットを使用しています。


コンロの熱源はガスです。

はかりがなければ、つくり方の写真を参考にして分量を調整してください。

材料

  • 米 2合(360g)
  • 水 450ml(目安)

水450mlでやわらかめに炊き上がります。米の浸水具合で変わってくるので、あくまでも目安です。

つくり方

1.米を測る

クッカーでお米を測る

米を測ります。1合の重さの目安は180gです。

写真は2合の米をクッカーの浅いほうに入れています。

2.米を研ぐ(無洗米の場合は不要)

私は「水を入れる→軽くかき混ぜる→水を捨てる→1合に対して10回研ぐ」を3回繰り返します。

3.米を浸水させる

米がかぶる程の水を入れて、30分ほど浸水させます。浸水させると米の炊き上がりがふっくらとします。

4.米の水を切る

米の水を切ります。ざるを使って水を切ると確実です。

5.水を注ぎ、火にかける

水を米の入ったクッカーに注ぎ、蓋をして火にかけます。

沸騰するまで強火。

沸騰したら少し火を弱めて2分。(中火より少し強い)

中火に落として3分。

弱火に落として5分。

吹きこぼれそうなときは問答無用で弱火にします。

コンロ強火

強火は、クッカーの底から火が出るか出ないかくらいです。

コンロ弱火

弱火は、クッカーの底に火が当たらないくらいです。

6.火を止めて10分蒸らす

火を止めて蓋をしたまま10分蒸らします。

7.完成

※今回は大根の葉っぱを入れて炊いていました。

ポイント

クッカーを使った炊飯におけるポイントを紹介します。

どれくらの量まで作れるか

800ml容量のクッカーであれば2合が限界です。

まとめ

クッカーがあれば、ご飯を炊くのもお手のもの。

クッカーひとつあれば、だいたいの料理ができるのではないでしょうか。

以上